関連記事1 歴史

メゾピアノランドセル関連として、ランドセルについて書いています。参考になると嬉しいです。

ランドセルとは小学生が通学の時に教科書やノートなどを入れて背中に背負う学校かばんのことですよね。

ランドセルの歴史としては、江戸時代に幕府が洋式軍隊を導入する時に兵士のはいのうとして輸入したもののオランダ語の呼び名「ランセル」がなまって「ランドセル」になったものだといわれているようです。

日清戦争や日露戦争などの間も、軍隊では同様のものが使われ続けたようです。

通学かばんとしての利用は明治に入って官立の模範小学校として開校した学習院で、これが使われるようになって、徐々に浸透して今のような形になったという説が有力だそうです。

欧米の学校でも似たようなものが使われているそうですが、素材はもっと質素で軽くて、耐用年数も低そうで、本革でしっかりとした造りの長持ちするようなものは、ほとんど例がないようです。

日本の場合6年間同じランドセルを使うので、長持ちですよね。

以上です。メゾピアノランドセル関連として、ランドセルについて書きました。まだまだ続きます。